内臓疾患ファイル

痛み・かゆみが知らせてくれる恐ろしい内臓の病気

RSS 2.0 - 内臓疾患ファイル

内臓疾患

【脂肪肝】食べ過ぎ・飲み過ぎは危険!肝臓がフォアグラ化!?

身体の代謝活動や毒素の分解など、多くの仕事をこなす肝臓はとても重要な内臓です。しかし、暴飲暴食が続く食生活をしているとさすがの肝臓もダメージが重なってしまい、病気を引き起こしてしまいます。肝臓の機能を低下させ病気の予兆ともなる脂肪肝について解説していきます。

ザキヤマK

内臓疾患まとめ新着

若者に急増!逆流性食道炎の症状とその予防法

逆流性食道炎とは、胃液や、まだ消化しきれていない食べ物が食道を逆流しそこに留まることで、食道で炎症が起こり、粘膜がただれたり、粘膜やほかの組織の一部がなくなる病気です。 元々日本人には少ない病気でしたが、食生活の変化により最近患者数が急増しています。

naizoshikkan-file

内臓疾患ニュース新着

ザキヤマK

細胞が初期化される!?ピロリ菌が胃がんを起こすメカニズム

胃潰瘍の原因として知られるヘリコバクター・ピロリ菌。最近はピロリ菌除去による胃潰瘍防止も一般的になりつつあります。そして最近の研究でわかったことは、ピロリ菌の働きによって胃粘膜の細胞が胃潰瘍を通り越して、がん細胞になってしまうということなのです。

内臓疾患の原因・症状・治療から、検査方法、食事や生活習慣などの予防まで。

腐った物を食べなくても食中毒に!原因菌から命を守る対処/予防法

食中毒は夏場に多いものとして考えられていますが、最近は冬場でも食中毒騒ぎが目立つようになってきています。腹を下して下痢と高熱に苦しむだけならばまだしも、時には命取りにさえなってしまう事もあるのが食中毒の本当の怖さなのです。

肥満は危ない!内臓脂肪が引き起こす内臓疾患の恐怖!

食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動不足で日々腹部に着々と蓄積されていく内臓脂肪。脂肪の影響が外見だけにとどまるのならまだしも、肥満は様々な病気の原因になってしまうのです。内臓疾患も、そうした内臓脂肪の溜まり過ぎによって引き起こされてしまうことがあるのです。

下痢でトイレから出られなくなる?過敏性腸症候群(IBS)とは

IBSの名で知られている過敏性腸症候群は、わずかな心理的刺激を感じただけでお腹の調子が悪くなる病気です。下痢や便秘ばかりしている、トイレがすぐ近くにないと不安で仕方ない…。こんな症状がみられたら、発症の可能性大ですから、すぐに病院で有効な治療薬や治療方法を処方してもらってください。

内臓疾患を早期発見するための精密検査のすすめ

内臓疾患に限らず病気というものは早いうちに見つけて治してしまうのが一番良いものです。しかし、病気の自覚症状が出ていない内は誰もが自分の健康を過信してしまうものです。病気の早期発見のためにはどのような検査をどのようなタイミングで行うべきなのでしょうか?

やっぱり怖い「がん」の早期発見に役立つ3記事

「膵臓がん」が怖すぎて『がんの王様』と呼ばれている

膵臓がん すい臓

自覚症状のないすい臓がんは、悪化させやすいので特に要注意!

【大腸がん?痔?】症状と血便で“がん”を見分ける4つの方法

大腸がん 血便 便秘

痔だと思っていたら大腸癌だったということも…痔や便秘のある人はぜひチェック!

【長い咳は肺がんの恐れあり】見逃してはいけない癌の初期症状

肺がん 咳

肺がんの初期症状は、実は誰にでもありそうな症状。正しい知識が必要です。

その他の新着記事

まとめ・ニュース新着

  • そもそも内臓って何??

    そもそも内臓って何??

    内臓は、体内にある臓器の総称。漢方医学では「五臓六腑」と言い、心臓・肝臓・肺・脾臓・腎臓(五臓)、胃・大腸・小腸・膀胱・胆・三焦を指す。

  • 「がん」で亡くなる人が多い

    「がん」で亡くなる人が多い

    医療が進歩し、早期発見・早期治療も可能ながんも増えていますが、昭和56年から現在まで日本人の死因で最も多いのが「がん」となっています。

  • 内臓疾患は肌にも影響!

    内臓疾患は肌にも影響!

    じんましんやニキビ、アトピー、肌のかゆみなど…内臓疾患の影響は皮膚にも及びます。なかなか治らない肌のトラブルの原因が内臓にあることも。

  • 薬の服用が胃潰瘍を引き起こすことも

    薬の服用が胃潰瘍を引き起こすことも

    胃潰瘍の原因は「ストレス」と思っている人も少なくないと思います。しかし、解熱剤などの非ステロイド性炎症薬が原因で起こることもあります。

  • 便の状態で体の状態がわかる

    便の状態で体の状態がわかる

    体の異常が便に現れることも多いです。ストレスや食生活の乱れだけでなく、大腸がんや胃潰瘍などでも便の状態に変化が現れます。

  • 太りすぎが内臓疾患の原因にも!

    太りすぎが内臓疾患の原因にも!

    太りすぎで内臓脂肪が蓄積されると、生活習慣病だけでなく、胆石や大腸がん、すい臓がん、逆流性食道炎などのリスクを高めます。