食道が裂ける!?【逆流性食道炎】の症状とリスク|胸焼け・嘔吐|内臓疾患ファイル

  • 取材などできるフリーライター募集
56,571 views
2012年12月10日
食道が裂ける!?【逆流性食道炎】の症状とリスク|胸焼け・嘔吐

ご飯を食べた後に何かの拍子で胃酸がこみあげてきて泣きそうになった経験のある人は多いと思います。これが頻繁に起こるとなると、とてもじゃないけれど耐えられないものです。胃酸の逆流がたびたび起こるようになる逆流性食道炎について解説していきます。

WEBライター
  

喉がボロボロになる逆流性食道炎の辛さ

th-n-01149no01m

胃酸は食事で摂取した食べ物を腸で吸収しやすいように溶かす働きをもっていますが、胃以外の部位では身体を傷つける原因となってしまう、まさに両刃の剣と言える存在です。

食べ過ぎ・飲み過ぎ・病気で吐いてしまった時、食道を逆流してきた胃酸は酸っぱさだけでなく喉から口内に至るまでをボロボロにしてしまいます。歯は噛み合わせただけでキシキシするほど表面が傷つくし、舌は表面に吐しゃ物が残っているのか気持ち悪い後味が続き、喉は胃酸で荒れて声がガラガラになってしまいます。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎は、胃で分泌される胃酸が逆流して食道・口にこみあげてくる疾患です。胃酸の逆流によって胸焼けやゲップが起こりやすくなり、時にはこらえきれず嘔吐してしまうことさえあります。
胃酸の逆流で喉が荒れてガラガラ声になったり、咳が出やすくなることもよくあります。

逆流性食道炎の原因は?

逆流性食道炎を発症する原因には食べ過ぎ・飲み過ぎ、姿勢の悪さ、腹圧の強さなどが挙げられます。特に肥満体系の人は太っているだけで腹圧が強くなるので逆流性食道炎のリスクが高まってしまいます。
また、過度のストレスも発症の原因と考えられています。

胃酸が逆流する辛さ

逆流性食道炎を発症して一番辛いのは、胸焼けや喉荒れよりも胃酸そのものが逆流して駆けあがってくる時の感覚です。
本来、食道は口から取り込んだものを胃へ送り出すことを前提にした一方通行の道です。しかも逆流が起こらないように弁まで付いています。しかし、嘔吐する時のように喉の奥まで胃酸が一気に駆け上ると弁もお構いなしに通過していくため、とても辛い気持ちになってしまいます。場合によってはボロボロと涙が出てしまうことさえあります。

場合によっては食道が裂けることも

何かの拍子で嘔吐するだけでも相当に辛いのに、逆流性食道炎で頻繁に胃液がこみあげてくるのは相当きつく感じるものです。場合によってはそのまま嘔吐してしまうこともしばしばです。
imasia_10135063_M 逆流性食道炎などの病気が原因で頻繁に嘔吐を繰り返してしまう人は、マロリー・ワイス症候群の併発に注意しなければなりません。

マロリー・ワイス症候群は、嘔吐によって食道が裂ける症候群で出血を伴います。多くの場合、自然治癒する程度の出血量で収まりますが、症状が激しいと大量出血で血圧の低下によるショック状態に陥ってしまうことがあります。

逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の治療では、過食の抑制やダイエットなどの生活習慣の改善胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬など薬の投与を行います。場合によっては食道の手術を行うこともあります。
また、ストレスが原因と考えられる場合はカウンセリングを並行して行うこともあります。

著者:海老田雄三

WEBライター
アイコン
芸能、アニメ、ゲーム、音楽あたりが得意分野のはずが、気が付けばなんでも書くライターになっていました。アニメ、ゲームなどのサブカル誌によく寄稿しています。